こんにちは、江東区清澄白河のキャリアパスです。

 

入試直前の中3受験生たちは、先日模擬テスト(Vもぎ)を受験しました。

Vもぎは、都立入試そっくりの問題がでますし、志望校判定もでるので都立受験生にはお勧めです。

 

マークシート

 

さて、模擬試験では、判定結果ばかりに目が行きがちですが、実は、見直しが同じくらい、もしくはそれ以上に大切です。

 

でも、見直しというと、ほとんどの生徒が嫌がります。

メンドクサイオーラ満載です・・・

 

きっと、「全ての問題の見直しをすべき」

という思い込みがあるんですね。

 

問題を全部見直す必要なんて、ないですよ~。

 

志望校のレベルに応じて、見直しをすべき問題と範囲が違います。

また、内申点との兼ね合いもあります。

自分が持っている内申点を持ち点として、学力点であと何点とればよいのか、志望校の合格基準を目安に、目標点を決めておくといいです。

 

数値を決めておくと、分かりやすいです。

「あと〇点とるためには、あとはどんな問題に取り組んだらよいのか」

と、やるべきことを具体的に落とし込めます。