こんにちは、江東区清澄白河の学習塾キャリアパスです。 

 

 

今日から深川2中の定期テストが始まっていますね。

 

生徒たちに聞いてみると、

「出来た!」

「難しかった。。。」

などの声がありますが、いかがでしたでしょうか?

 

 

いつも生徒達に伝えていますが、定期テストだけでなく勉強は、

「理解した」

だけでは、点数につながりません。

 

人間は、一度理解しただけでは忘れてしまうものです。

大人でも、学生時代を振り返ってみると、テストで

「勉強したのに忘れてしまった・・・」

そんな苦い経験がありませんか?

 

そうなんです。

人間の記憶は、一度の学習だけでは時間とともに急激に忘れ去られてしまいます。

有名なエビングハウスの忘却曲線によると、1日経つと、30%しか覚えていないと言われています。

 

勉強でもなんでも新しい知識を身につけるということは、記憶に「定着」させなければいけません。

点数が上がらない場合、「定着」をおろそかにしていることが多いです。

定着は、繰り返しの反復学習で得られるものであり、「退屈でツライ」ものからです。

 

書いてみる(手)

言ってみる(口・耳)

読んでみる(目)・・・

 

記憶に定着させる方法はいろいろあり、人によって覚えやすい方法があります。

 

例えば、社会などの暗記系の場合、

・問題を解く時、1枚の大きな紙に全部書きだして、視覚的に勉強する子もいます。

・単語帳を使って、覚えたかどうかを繰り返しチェックをする子もいます。

・暗記用のペンとシートを使って覚える子もいます。

・お気に入りのペンを使って気分を上げて勉強する子もいます。

・テスト形式でやってその都度出来具合を確認する子もいます。

 

点数アップした生徒達は、自分なりに工夫して、繰り返しの反復学習を経て成績アップしています。

ぜひ試してみてください!